あぶくま更生園 ~スプリンクラー設備による木質化~

施設全体
正面入口から作業・訓練室を見る
廊下から玄関を見る

事業概要

指定障害者支援施設

  • 施設入所支援:46人
  • 生活介護:40人
  • 短期入所(併設型):4人

建築概要

階数 平屋
地域制限 その他の地域
建築物の防・耐火上の要件 準耐火建築物
敷地面積 9,216.93㎡
建築面積 3,077.25㎡
延床面積 2,892.86㎡
構造種別 木造(軸組工法)
設計会社 CAn(Coelacanth and Associates Nagoya)
計画アドバイザー 東京大学 松田雄二 准教授
施工会社 鹿島建設株式会社
工事工期 2014年3月~2015年5月

木造施設としての工夫

1. 外壁耐火構造の準耐火建築物

作業訓練室から居室を見る

耐火1時間仕様の外壁耐火構造(法2条9号の3ロ-1)を採用して、準耐火建築物としている。

2. 壁面の耐火性能と強度の確保

居室の壁面

壁の内部は、強化石膏ボードを重ねて張ることで、耐火性能だけでなく、強度が高くなり、メンテナンスの負担を軽減することにつながる。
居室の壁は、クロスと腰壁を張って仕上げている。

3. スプリンクラー設備と排煙設備を用いた内装制限緩和

パブリックリビング(女)内観

スプリンクラー設備等の消火設備が設けられている場合は排煙区画部を除き、内装制限の適用が除外され、天井、壁等全ての内装に木材を使うことが可能となる。一般部分に使用された木材は、一般に流通しているサイズの集成材を採用し、耐力壁等の配置を工夫することにより経済的な架構となっている。

4. スプリンクラー設備を用いた面積区画緩和

居室前の廊下天井

準耐火建築物の場合、通常は1,500㎡以内ごとに区画する必要があるが、本施設では全館にスプリンクラー設備等の消火設備を設けることにより、面積区画における延床面積が2倍となり、面積区画が不要となっている。

施設概要

東日本大震災による東京電力福島第一原子力事故に伴う避難により新設された。本施設のある地域は、冬には数年に一度、50㎝ほどの積雪がある。震災以前に利用していた施設は、鉄筋コンクリート造であったが、震災後、疲れ切っていた心身を癒す空間づくりを目指し、地場産業への貢献と、温かみやリラクゼーション効果の期待できる木造平屋が選択された。

木造・木質化の特徴。

床(居室)

失禁など、様々な入居者の状況に対応できるよう、全居室のうち3割は、床に長尺シートを張り(上写真)

床(居室)

残りの居室及びパブリックリビングはフローリングを張っている(上写真)。

水廻り

各居室ユニットに備わるコンパクトな水廻りは、清掃の面から床は長尺シートを張り、壁と建具は木質化している。

壁(施設全体)

空間の雰囲気を外部へ醸し出すように出隅とハイサイドに直行する面を積極的に木質化し、コーナーガードの役割も果たす。

壁(居室)

一部の居室の壁やベンチは、入居者により傷付いた跡があるが、木目の模様により目立ちにくい。

廊下

廊下は、床、手すり、窓枠、天井を木質化している。壁は部分的に木質化し、地域産材の杉を用いている。

木造化によるメリット

施設の広さが改善されたことに加えて、馴染みのある内装、木材の温かさ・柔らかさにより、以前の施設(RC造)より利用者が穏やかになった、といった声が聞かれた。一方、内装に木を用いる際は、木製建具の鍵や使用頻度の高い出入口のドアなどは強い衝撃に弱いことや、木材の乾燥により柱にひび割れが生じることがあるため、入居者が怪我をしないよう配慮が必要となる。また、1~2年目は木材が膨張・収縮するため、本施設のように板張りの壁の場合は、板の結合部に適度に隙間を入れるなど工夫することで、建具への影響を軽減することが出来る。

施設写真・図面集

入所者の破壊行為予防のため、内部に空調設備を備えた木製ベンチ
食堂の床は、清掃面からフローリングではなく長尺シートを採用
大断面集成材を用いた門型フレームによる大空間(作業訓練室)
山型の梁を用いたサスペンション構造による大空間(食堂)