住宅型有料老人ホームごんの里 ~土壁湿式工法~

住宅型有料老人ホーム玄関
駐車場からデイサービスを見る
居室から小屋組みを見る

事業概要

  • 住宅型有料老人ホーム:18人
    入居条件:自立・要支援1~要介護5の方
  • デイサービス:9人

建築概要

階数 平屋、一部地上2階建て
地域制限 その他の地域
建築物の防・耐火上の要件 その他の建築物
敷地面積 1,014.00㎡
建築面積 579.30㎡
延床面積 619.05㎡
構造種別 木造(軸組・湿式工法)
設計会社 株式会社風・ジョインウッド
施工会社 株式会社風
工事工期 2014年10月~2015年7月

木造施設としての工夫

1. 吹き抜けの小屋組み

リビングから小屋組みを見る

施設は、木造軸組土壁湿式工法平屋建ての建物である。リビングから視線を上に向けると、屋根裏のダイナミックな小屋組みを見ることが出来る。
土、木材の調達は、着工の約10ヶ月前から準備をして、国産のヒノキ、スギ、マツを500本以上使用している。

2. 指針に基づく設備の設置

廊下から小屋組みを見る

スプリンクラー設備、火災報知器、案内板などを設置することにより「その他の建築物」としている(有老指6(2))。高い天井に消火設備を設置するため、消防との調整も行われている。

3. 土壁湿式工法による快適な暮らし

下地となる竹木舞と荒壁

荒壁は、芯には竹と藁縄で組んだ下地を使用している。さらに、中塗り、上塗りをかけ、着工から1年間程度で概ね完成した。
小屋裏の吹き抜け部分まで土壁とすることにより、表面の珪藻土とともに室内の温度調節、空気浄化をし、快適な環境をつくっている。

 

デイサービス リビング

また、上から空気が抜ける構造、左右に設けられた窓によって風が抜けて、夏季も快適に過ごすことが出来る。

施設概要

お年寄りが元気に過ごせるよう、科学的なものを使わず、国産無垢材、土壁、いぶし瓦、柿渋塗料といった自然素材にこだわって建てられた有料老人ホームである。

木造・木質化の特徴。

床一面に超仕上げをかけたヒノキ無垢材18mmを張っている。水廻りは、一部上から透明なシートを貼るなど工夫して利用している。

ヒノキの水はけの良さなど木の特性を、設計者と運営者が頻繁に情報共有することで、トイレも意識的に水拭き掃除のみとしている。

手洗いスペース

廊下の脇にある、仕切りのない手洗いスペースは、床や壁も廊下と同じように木質化されている。

居室

表面にあらわされた構造体に加えて、床、腰壁、建具を木質化し、木に囲まれた居室空間となっている。

キッチン

老人ホームの中央に位置するキッチンは、木格子によって、仕切りつつ、スタッフが入居者を見守りやすい環境をつくる。

浴室

壁の上層部、浴槽、桶など、浴室空間においても積極的に木質化している。

木造化によるメリット

年月を追うごとに、劣化ではなく、色合いなど味の出てくるところが自然素材の特徴であり、魅力である。そういった木造の特性を活かすため、設計者と運営者が時間をかけてコミュニケーションを取り、掃除方法といった情報共有をすることにより、施設を綺麗に保っている。
施設という先入観を持たずに、基本は住宅と同じ視点で考えられており、家のような温かみのある空間は、利用者だけでなく、見学者からも評判が良い。スタッフ募集時には、施設の写真を見て、働きたいと来てくれる方も多い。

施設写真・図面集

中庭
老人ホーム玄関
トイレの戸は、障子を貼った木製折れ戸
リビングからキッチンを見る