幸の郷 ~分棟による木造木質空間の実現~

西側から西棟、北棟を見る
玄関のピロティ
【A】食事スペース
【A】ユニット中庭
訪れやすい別棟の工房
杉板を採用した階段や手摺

事業概要

  • 特別養護老人ホーム:100 人【A】
  • ショートステイ(短期入所生活介護)【A】:18人
  • デイサービスセンター:30 人【B】
  • コミュニティサロン
  • コミュニティカフェ
  • 工房
  • レンタル会議室

建築概要

階数 地上2階建て
地域制限 法22条区域
建築物の防・耐火上の要件 【A】耐火建築物 【B】準耐火建築物(一部燃え代)
敷地面積 8,874㎡
建築面積 3,240㎡
延床面積 【A】4,300㎡【B】900㎡ 計 5,226㎡
構造種別 木造(軸組工法)
設計会社 大久手計画工房、榑建築設計室
施工会社 山旺建設株式会社
工事工期 2015年7月~2016年6月

木造施設としての工夫

1. 【A】棟ごとに生活を独立させる

【A】駐車場から北棟を見る

延床面積3,000㎡を超える特別養護老人ホームであり、3つに分棟化することで建設を可能となっている。分棟により施設が住宅サイズに近づき、各棟に玄関を設けるなど各棟で生活が完結している。エレベーターは3基必要となるが、面積を抑えることにより、家族や地域の方も訪れやすい。

2. 【A】内装制限を受けずに木を多用する

【A】ユニット共用スペース

建物は耐火建築物とし、防火区画を500㎡以下とすることにより、内装制限を受けない建物となっている。天井・壁の仕上げには木を多用しており、暖かみのある空間となっている。

3. 一般住宅と同じ軸組工法を用いてコストダウン

構造建て方

耐火建築物であっても、構法の技術面においては一般の2階建て住宅とほとんど変わらない。家をつくる大工が建てられる構法は、地元の業者が参加しやすい工事であり、また価格競争、コストダウンにつながっている。

4. 【B】燃えしろ工法により無垢の柱をみせる

【B】デイサービス廊下

デイサービスセンターは準耐火建築となっている。燃えしろ45mmをとることにより、無垢の檜の柱をそのまま化粧として見せている。また、2階を300㎡以下とすることにより、内装制限を受けない建物となり、内装に木材をふんだんに使っている。

施設概要

建物は、2階建て耐火建築3棟と、2階建て準耐火建築のデイサービス棟の計4棟で構成されている。
延床面積4,300㎡に及ぶ大規模特別養護老人ホームは、10人単位のユニット×10ユニットを3つの棟に分棟して配置している。各棟にはそれぞれの独立した玄関があり、直接出入が可能となっている。各棟で食事から入浴ケアに至るまで、すべてを完結できるようになっている。

木造・木質化の特徴。

木の建具

無垢の杉材で造られたユニット玄関の框戸は、どれも違うデザインで、木目の表情が柔らかな印象を与えている。

畳の廊下

スリッパを履かなくとも歩ける畳の廊下。スリッパによるつまづきが無くなり、転倒時の安全性も確保できる。

紙障子

共有スペースに面した居室には前室をつくり、障子を設けている。ゆるやかに外部とつながる。

ピロティ

ピロティにより、立ち寄りやすい空間がつくられている。雨に濡れない広さがあり、地域の協力でマルシェが毎月開かれる。

外装への木材使用

木材を使用している外装部分は、変色が起こりやすく、定期的な研磨、ワックス掛けの費用や手間がかかる。

床材のメンテナンス

メンテナンスに慣れるため、職員の手で床材のオイル塗りを行い、綺麗な施設が維持されている。

木造化によるメリット

木造化を選択した理由の一つは、建築コストの削減である。建設費用がかかりすぎてしまうと、その後の運営にも大きな影響を及ぼす。コストは景気にも左右されやすいが、基礎工事のコンクリートや杭工事が安くなる木造は、ほかの構造よりもコストが下がりやすい。
もうひとつの理由は、増改築の容易さである。たとえば、老人ホームが子供の施設に変わる場合にも、適宜構造計算などを行うことにより、ほかの構造より比較的簡単に増改築をすることが可能となるため、建物を長く利用することができる。

施設写真・図面集

【A】寝浴対応の高野槇風呂
イベントや防災に備える外の水廻り