国見の里 ~渡り廊下による防火区画と燃えしろ設計~

南側からエントランスを見る
北側から施設全体を見る

事業概要

指定障害者支援施設

  • 特別養護老人ホーム:90人
  • ショートステイ:10人
  • デイサービス: 25人

建築概要

階数 平屋
地域制限 その他の地域
建築物の防・耐火上の要件 準耐火建築物(45分耐火)
敷地面積 20,416.27㎡
建築面積 5,679.30㎡
延床面積 5,519.80㎡
構造種別 木造(軸組工法)
設計会社 株式会社レーモンド設計事務所
施工会社 株式会社安藤組
工事工期 2013年2月~2013年7月

木造施設としての工夫

1. RC造の渡り廊下による分棟化

防火戸を設けたRC造の渡り廊下

5000㎡を超える大規模木造の平屋建築物であるため、面積制限がかかる。本施設は、メインは木造としつつも、RC造の渡り廊下によって分棟化している。各部の床面積の合計を3,000㎡以内とすることで、主要構造部を耐火構造とせずに建設が可能となっている(法21条2項2号)。

2. 単純なプランニングによるコスト削減と工期短縮

ユニット化された居室

居住棟は、住宅に使用される一般的な木材を被覆した準耐火構造となっている。標準化されたユニットを連結した単純なプランとすることにより、建設コストの削減と工期短縮を図っている。
トイレの壁は、ユニットによって黄緑、茶、淡い赤など色分けされ、利用者の目印となっている。

3. 燃えしろ設計による躯体のあらわし

交流スペース(機能回復訓練室)

交流スペースを中心とした大規模空間は、燃えしろ設計とし、大断面製材の躯体をあらわしとしている。交流ホールは、定期演奏会や、町から災害時の福祉避難所として指定されるなど、地域に開かれた施設となっており、音響についても好評を得ている。

 

交流スペースの大断面製材は一部乾燥によるひび割れが生じている

大断面製材は、乾燥時間がかかるため、その部分の建て方工事を工程の最後にするなど工夫をしている。また、見学者から乾燥によるひび割れを見て心配されることがあるが、この程度の割れは構造的に問題が無いと回答している。経営者と施工者が正しい情報を共有し、木造に対する理解を拡げることが重要である。

施設概要

町内で初めての特別養護老人ホームとして計画された本施設は、周囲を山に囲まれた丘陵地に建っている。居住棟は、1ユニット10名の生活単位10組、計100床と共同生活室で構成されている。
「地産地消」を施設全体のコンセプトとして、使用した木材の全材積1,073m3のおよぞ70%程度に県産材を採用している。また地域交流スペースの活用など、地域に根差した施設となっている。

木造・木質化の特徴。

メインステーション

メインステーションは、交流スペースと廊下に面する。木製の棚や机が設けられており、あたたかい雰囲気となっている。

共同生活室

スプリンクラー設備を設けることにより、ユニットの共同生活室では大きな木の梁を見ることが出来る。

テーブル・ベンチ

木景観形成促進事業(福島県)の一環として、県産材を使用したテーブルとベンチが設置されている。

テラス

交流スペースの外には中庭に臨む大きなテラスが設けられている。

エントランス

エントランスの庇を木質化することにより、利用者だけでなく、見学者や地域の方々も木質化された空間を感じられる。

廊下

廊下は床、巾木、建具を木質化している。床から立ち上がる形の手すりを設置することで、壁が傷つくことを防いでいる。

木造化によるメリット

国見の里は、木造としたことにより、自然と室内が木の香りで満たされ、見た目にも明るく、暖かみがある。入居者だけでなく、そのご家族からも評判が良い。入居者にとっても、住宅と同様の住み慣れた造りであるため、第2の住まいとして選ばれている。
働くスタッフからは、床が柔らかく足腰が疲れにくいと喜ばれている。また新規スタッフを募集する際には、木造の施設の写真はとても効果的で、職員の確保にも役立っている。

施設写真・図面集

居住棟の廊下から見る交流スペース外観
居住棟の中庭
メインステーション前の廊下
田園に接して建つ北側の外観