ハートホーム宮野 ~外装に木を使った耐火建築物~

東側から施設全体を見る
エントランス
雁行型配置を活かした植栽スペース

事業概要

  • 地域密着型特別養護老人ホーム:29人
  • ショートステイ(短期入所生活介護):29人
  • 住宅型有料老人ホーム:39人

既存の併設施設

  • デイサービス(通所介護):35人(RC造)
  • デイサービスセンター(認知症対応型通所介護):24名(RC造)
  • グループホーム(認知症適応型共同生活介護):9名(RC造)
  • 共用型認知デイサービス(認知症適応型通所介護(共用型)):3名(RC造)

建築概要

階数 地上3階建て
地域制限 法22条区域
建築物の防・耐火上の要件 耐火建築物
敷地面積 2,976.3㎡
建築面積 1,375.9㎡
延床面積 3,875.55㎡
構造種別 木造(軸組工法)
設計会社 大野秀敏+吉田明弘/アプルデザインワークショップ
施工会社 株式会社 安藤建設(現 安藤・間)
工事工期 2011年8月~2012年6月

木造施設としての工夫

1. 軸組工法による大規模耐火建築物の実現

ショートステイユニット玄関

国内初の国産材による大規模軸組工法。3階建てとなり、となり1時間の耐火性能を要求されることから、軸組工法による被覆型の耐火建築物としている。

2. 地場産業への貢献

共用廊下

山口県はアカマツの銘木、「滑(なめら)松」の産地であることから、地元の植林伐採サイクルの再生に向けて地域産材を活用している。建物の規模が大きく山口県の地域産材だけでは木材が確保できなかったため、隣接する広島県、岡山県の木材も一部使用している。

3. 軸組工法の採用

有料老人ホーム食堂

柱梁で建物を支える軸組工法を活かして、窓の多い、明るい施設を計画している。
建物を斜めにずらした雁行型の配置及び複数の中庭により、複雑な形状となっている。軸組工法とすることで構造計算(許容応力度計算)が容易となっている。

4. 耐火建築物における木の表現

木のルーバーを外装として使用

一般的に被覆型を採用する場合、躯体が覆われて、木が見えなくなってしまう。その欠点を補うため、特定行政庁と協議し、難燃塗料の塗布、外壁から離すことを条件に木のルーバーを用いている。経年変化で茶色から灰色へ変化することで、美しさを増していくように計画されている。

施設概要

ハートホーム宮野は、山口市の北部地域にあり、山間部の高齢者も含めた介護ニーズに対応している。1階は定員29人の地域密着型特別養護老人ホーム、2階は定員29人のショートステイ、3階は定員39人の住宅型有料老人ホームとなっている。建物の配置を工夫することにより、大規模な施設でありながらも、建物内でも自然を多く感じられる設計となっている。

木造・木質化の特徴。

軸組工法の大きな開口

軸組工法とすることで、開口面積を広くとることができる。複数の中庭が設けられており、採光と通風が確保されている。

木製の太い窓枠

窓枠の見附は通常より太く、45mmとしている。木が強調され、畳とともに暖かい印象をもたらしている。

屋外空間の緑化

建物の外周や中庭に植栽を施している。木製家具と連続して自然豊かな空間をつくりだしている。

障子と格子による仕切り

部分的に格子と障子を組み合わせた仕切りを設けている。障子は太鼓張りとし、両面からの意匠に配慮している。

畳の床

ユニット内の床材には畳を使用している。クッション性があり、足腰の負担が軽減するよう工夫されている。

木板を貼った浴室

浴室の壁面は板張とすることにより、安らぎをもたらす空間となっている。

木造化によるメリット

地元の方々に利用される施設であるだけではなく、地域産材を使用することにより、林業や建設業といった地場産業の貢献にも繋げている。
被覆型の耐火建築物でありながら、内外装を工夫することにより、木のぬくもり溢れる空間となっている。併せて、畳、障子などを用いることで、施設でありながら、慣れ親しんだ家のような住み心地の良さをもたらしている。

施設写真・図面集

居室
1階ホールから玄関を見る
談話コーナー(特別養護老人ホーム)
共用部のテラス